カート – ブレーキキャリパー掃除(トラブル編)

前回の投稿から大分時間が経ってしまった…。
オーバーホールと取り付けはもう終わっているのですが、作業途中でバカな事をやらかして、修正に時間がかかるわモチベーション下がるわで更新遅れました;

で、何をしたかというと、素人あるあるのネジ山つぶし。

固着したボルトを無理やり回したらメリッっと「柔らかくて嫌な感じ」で六角が回り穴が丸くなってしまった…。

Google先生曰く「そんな時はネジモグラ」らしいのでホームセンターで購入。

こいつを舐めたネジ穴に差して左回り(ネジを抜くほう)に回すと、ドリルみたいな刃がネジ穴にどんどん食い込んでいって最後はそれ以上食い込まなくなる。で、食い込まなくなってからが本番でがっちりネジ山に食いついている状態からさらに力を込めて回したところ

おおー!抜けましたー!

で、ダメになったボルトと同じ規格のものも購入したのでこいつを指して修正完了。
(スチール→ステンレスへの換装は色々問題があるらしいですが一旦棚上げ)

「舐めたネジの対応なんてDIYらしいじゃん!」
「素人でもできるもんだなはっはっはー!」

などと達成感で油断してたら

はい、お約束の2本目。

しかも穴の径が小さく深さも浅かったのでネジモグラがしっかり食い込まずに穴だけ広がった・・・もうネジモグラの刃も食い込まないのでお手上げ状態\(^o^)/オワタ

ここで修正に手間取り&テンションだだ下がりで別の作業に逃げて放置状態となりました。

紆余曲折あって一応は抜けましたが超面倒くさかった><
(最後は万力でボルト抑えて頭の側面削ってラスペネ吹いてプライヤーで回した)

ちなみにラスペネ買ったのはこのタイミング。
最初から吹いとけばこんなことになならなかった気がする…。

【今回の収穫】
 ・ネジ山ダメになる直前の「手に伝わる感触」
 ・ネジ山つぶした時の対応スキル少しアップ
 ・何はともあれラスペネ吹け

カート – ブレーキキャリパー掃除(前編)

「走る」より「止まる」が大事と昔誰かに言われた気がするので先ずはブレーキチェック!・・・スッカスカ。

シリンダーからホース外をしてフルード一滴も出てこないしよくみるとキャリパー周りがあちこち白くてカピカピ。アルミの錆じゃなくて漏れたフルードが乾燥してこうなったっぽい?

しょうがないのでキャリパー整備初挑戦(内心ちょっと楽しみ)

カート ブレーキキャリパー

ボルト2本でつながってるだけなので車体からサクっと取り外す・・・と思ったら13mmのソケットがちょっと緩い。多分1/2インチ(12.7mm)だコレ。

インチサイズのソケットは持っていないのでホームセンターでSK11のソケットセットを1,100円で購入。
Amazonだと1,700円。珍しくホームセンターのが安かった!

SK11 インチソケットセット

かなり固着してたけど何とか取り外せました。

カート ブレーキキャリパー

で、分解しようとガチャガチャやってたら・・・ポロッ。ん?なんか取れた・・・。

ブレーキパッド

(・ω・)???

ブレーキのパッド部分って取り外しできるんだっけ?車もバイクもブレーキを自分でさわったことが無いのでGoogle先生に聞いてみる → 当然取れないものっぽい。特に力を入れたわけでもなく分解してたただけなのに・・・経年劣化?

もし走行中に取れたらと思うと・・・コワッ(´;ω;`)

気を取り直し真鍮ブラシでゴシゴシ。粉のパーツクリーナーを溶かしたお湯の中(!)でさらにゴシゴシ。終わったらエアーで水気を吹き飛ばし。

こびりついてた白い粉はかなり落ちたけどゴム系パーツが劣化してるっぽい。特に画像真ん中の輪っか(この時点では機能も名前もわからず)は油分が抜けてボコボコ。ピストンの後ろにあった丸いやつはまぁまぁな感じ?

シリンダーとシール類

ブレーキフルードが漏ってたのでさすがに交換したほうがいいのかなーと思い購入できるお店探し。
で、パーツ待ちなってしばらく時間がかかったので前編はここまで。

まさかの・・・中古カート購入!

DIYにハマってかれこれ半年経過。

車は日常的な整備ができるようになったし、バイクならキャブの清掃とかカムのクリアランスなんか測ってみちゃったりと、初心者から少しずつ成長をしている(と一人で思っている)今日この頃。

本当はまだまだやることいっぱいなのだけど、なんというか「車の事をもっとこう全体的に知りたい!」的な欲求が高まってきていて、でも車庫があまりにも狭くてジャッキで持ち上げてエンジンオイル&ホイール交換が精いっぱい。リフトアップなんてとてもとても・・・。しかも微妙に傾斜があるのでジャッキで持ち上げたあと馬をかませても怖くて下に潜り込めず。

そんなことを思いつつ何かないかなとヤフオクを眺めていたら

はっ!?

閃きました!カートですカート!

基本的な部分(走ったり止まったり)は車もカートも一緒!(多分)

専用の作業台もついてるし、こんなフレームだけの車体なら一人でも持ち上がるし!(過信)

このカートの出品、車体のほかに色々道具がそろっているのと、極小スペースな車庫にカートを収めるのに必須の「立掛け」のカートスタンドがついてる。

相場はよくわからいけどもっと程度の悪い「KT100」でも1~2万で落札されているし、色々ついてるからガチャ爆死した!と思えばちょっとくらい高くてもいいやと4万円で落札。相場だと思うんだけどどうなんでしょうね?

で落札した週末。レンタカーでマツダのボンゴを借りてカート一式を受け取りに出発!普段ノンターボの軽乗ってるのでボンゴですらめっちゃパワフルに感じる。トランポほしいなぁ・・・。

レンタカーのマツダボンゴ

手伝っていただいて荷台に積んだところ。荷台に乗せる時スタンド最強!テコの原理でほとんど力いりません。

KT100

車庫のスペースの問題もステアリングとシートを外せばなんとか収まることがわかって一安心。

↑は自前の軽をどけでカートと装備一式を整理してるところ。この後、軽+バイク2台+カート+自転車が無事車庫に収まりました・・・何気にすごくない?

そもそもカートなんか買ってもどこで走らせるんだ?って話ですが、それは動くようになってから考えようと思います(YouTuberのGUNMA17さんを見習っていずれは公道カートにしてみたり?)

さーて、何から手を付けようかな?まずは整備書買わなきゃ。

本当はオートサロン行くつもりだったけどコレいじりたいので今年はあきらめよう(´・ω・`)

Dream50 – CDI装着

ひょんなことからバイク乗りのおじいちゃんと仲良くなりました。

去年の9月頃、自宅前でドリームの整備をしてたら「いいバイクだね」って声かけられて、その後なぜかおじいちゃんの家に遊びに行くことに。で、お邪魔してみるとがっつりカスタムしたDream50とその横に部品取り用のDream50R。テンションあがって色々なお話を聞かせてもらって、帰りには未使用のドリームのシリンダーヘッドとピストンをお土産をくれました。え?

ありがとうドリームおじいちゃん!(勝手に命名)

↓50RについてるピカピカのCRキャブ。未使用だとか。

で、10月下旬に整備が終わったのでモーターショーはDream50で行ってきたのですが、5速10000回転でやっとこさ60キロ、音だけはいっちょ前のバイクなので車に何度も煽られる始末・・・。色々疲れたのでタケガワのCDIが欲しくなって探してみたものの高いしそもそも売ってないしで諦めモード。

年明けのご挨拶の時にそのことをドリームおじいちゃんに話したところ「それあウチにあるぞ?」と。半信半疑でついていくと・・・ほげぇ!本当にあった!

タダであげるといわれたけど、前回も貰っているので今回は1万円(でもヤフオクの相場の半額程度)をしぶしぶ受け取ってもらいました(欲のないおじいちゃん・・・)

標準CDIに追加で取り付けるだけなので知識がなくても簡単。アイドリングが少し高くなりましたが無事リミッターも解除できました。

さて、明日のオートサロン、車だと渋滞スゴそうだしDream50で行こうかな♪

DREAM50 – 初整備

あけましておめでとうございます(・ω・)

2018年後半は突如DIYに目覚め色々買ったりいじったりしました。色々やりすぎてブログの更新が追い付かなかったので(言い訳)ひとまずドリーム50のことをざっくりまとめてみました。


2019年7月下旬。慣れない軽トラを千葉まで運転してヤフオクで落札したDREAM50を受け取ってきました。道を間違えて待ち合わせに遅れたり、積み込みがうまくいかなかったりで出品者に迷惑をかけまくりテンパってしまい現地で写真を撮り忘れ・・・。

どうにか自宅に戻り車庫に入れ終わったところの写真がこちら。


受け取り直後の状態はこんな感じ。

・走行2000Km超で2オーナー(自分で3オーナー目)

・7年くらい放置(内最初の1年野外保管とのこと)

・外装は結構サビあり

・チェーン未装着

・ライトが付かない

・前ブレーキの利きが悪い

・タイヤにヒビはなし(そこそこ硬化してる)

・エンジンは掛かるとのこと

落札は新車の値段に近かった・・・。もう少し出せば良い状態の車体もあったけど「自分でいじりたいけど綺麗な車体をいじって壊すくらいなら最初からボロいほうがイイ」という理由で状態の良くないこの車体を選びました。


で、車庫に入れてから走行するまでにやったことかトラブルとか。

整備マニュアルとパーツリスト購入
ヤフオクで2冊合わせて8000円くらいで落札。初心者なのでこれがないと何ひとついじれない超重要アイテム!

古いガソリンをタンクから抜く

5リットルのガソリン携行缶を買ってタンクから古いガソリンを3抜きました(3リットルくらい)。廃棄しようと近所のガソリンスタンドに持ち込んでみたものの拒否られまして、仕方なく車のガソリン満タンごとに500mlくらい混ぜて消費中・・・みんな古いガソリンどうやって処分してるんだろう??

チェーン装着

チェーンの「丁数」を知らずコマ数が足りないやつを買ってしまい、あまったチェーンは知り合いになった同じドリーム50乗りのおじいちゃんにお譲りした(この話はまた後日)。交換自体はマニュアル通りに作業したので特にトラブルなし。

オイル交換
ホンダ純正のULTRA G2とオイル排気用の箱を買ってオイル交換。オイルが真っ黒でビビる・・・。

バルブ交換

LEDのやつもあるらしいがよくわからないので普通のハロゲン電球を購入して装着。ハロゲン暗い・・・。

リザーバータンク清掃&フルード交換


固着しててリザーバータンクのネジ山ダメにしました・・・orz
タンクの中は「沼」みたいな状態でブレーキホースにつながる穴が詰まっていたので掃除してフルード交換。エア抜きって何?って感じでしたが100均の注射器とシリコンホースで工夫して何とかエア抜けました。

タイヤはそのまま

となりのSR400と比べると爪で押した時の弾力が少ない感じ。でもヒビは入っていないのでひとまず規定の空気入れて完了。

ナンバープレート取得
コンビニで自賠責に加入して、それから前オーナーから受け取った廃車証明書と身分証を持って区役所の窓口へゴー!
手続き含め15分くらいでナンバーを受け取れました。ナンバー交付ってこんなに簡単なのね。

他にも色々やりましたが細かいので割愛。


10月下旬。近所のガソリンスタンドまでバイクを押していき給油。チョークを引いたり戻したり5分くらい悪戦苦闘しながらもなんとかエンジンがかかり一安心!そのまま5kmほど近所を走ってみましたが止まらないとか曲がらないなどの問題もなく無事試走完了☆


今回はレストアというより単なる整備レベルの作業内容でしたが、それでも動かなかったバイクを自分の力で乗れるところまで持っていくことが出来てとても有意義なバイク整備第一歩だったなと思います。

この後もちょくちょく整備したり手を入れてますが長くなったので一旦ここまで(・ω・)ノ