エンジンラジコン① 初レストア(清掃→分解)

## 到着
落札3100円、着払い1470円。
早速開封。

でかい。そしてきたない。
パッと見た感じ錆は全然なくてよかったなぁと安堵しつつも
ホコリとにおい(何だろ…?おばあちゃんの家のにおい?)がすごい。

なのでとりあえずきれいにする。
ラジコンぽくないにおいとホコリがすごいのでウェットティシュで
拭き掃除するも、細かいところに指が入らず全然拭けない。
綿棒とかでちまちまやってみたけどラチがあかないので分解します。

しました。元に戻るかは神のみそ汁。

文字だと一瞬だけど、工具がたりず何度もホームセンターに買いに行ったり
危うくエンジンを締めてる六角のネジがなめそうになったりで丸二日がかりでした。

六角レンチの罠にはまりそうになる

こういうのイジる人には当然な事なのかもですが危うかったのでネタに。
エンジンを止める六角のネジを緩めようとして手元にあった六角レンチの

 ・20mmだとスカスカ
 ・30mmは入らない

という状態だったので、ダイソーに25mmのやつを買いにいきました。

棚にあった「インチ表示だけど8本入りで100円の六角レンチ」をみて
ラベルに書いてある「3/32インチ」が「25mm」だろうと思い購入して帰宅。

さて回そうとしてみたところ引っかからないわけじゃいけどどうも緩い気がする。
まぁいっかと思いつつも、先人Youtuberたちの「ネジなめ」動画を思い出して
サイズを測ってみたところ「3/32インチ=23.3mm」と判明(あたりまえ)

慌ててホームセンターに行くと25mmと3/32インチが別商品で売ってたので
1本98円の25mm六角レンチを購入し試してみたところジャストフィット。
六角の穴がなめることなくちゃんと外せました。

ということで「インチ表示」「センチ表示」の違う規格があるっぽいということを
学びました。危なかった・・・。

分解したので拭き掃除してファブリーズして今日の作業は終了。

レストアって楽しそう

Youtuberの方々のレストア動画にやられてレストア病にかかりました。

不動車とかジャンクのバイクをピカピカに仕上げる方々マジ凄い!
自分もあんな風にレストアしてリサイクルに貢献したい。
そしてあわよくば転売して儲けたい(けど全然儲からないらしい)

なのでジャンク扱いのもので、最悪ダメにしてもダメージの少なそうな価格で。
さすがにいきなりバイクとかだとハードル高杉なのでラジコンに。
でもモーターのやつだと「パーツ交換→動いたー→終わり」になりそうなので
今後の知識になりそうなエンジンのラジコンをヤフオクで探すことに決めました。

※ちなみにこれまでラジコンを買った(買ってもらった)こと無しです。

 

ヤフオクで落札

週間ほどあれこれなやみつつ、値段と大きさ(1/10)とボロさに惹かれコイツに決定。
落札3100円+送料1470円で計4570円。
うーん、Amazonで新品のグラスホッパー買えそうな金額になってしまった…。

ボディ、プロポなし。
メーカーも型番も調べずに落札。どこの何てやつだろう???

機種調べ

メーカー、型番判明。
タイヨーの「NITOR XRC」というものらしい。
2006年だから13年落ちとレストアにふさわしい感じ?
ちなみにこの「タイヨー」というメーカー、2010年に解散したらしい。

セガトイズ ラジコン玩具の子会社タイヨーを解散へ

セガトイズは10月28日に、同社の連結子会社でラジオコントロール玩具のタイヨーの解散と清算を発表した。2010年1月28日付けで会社を解散し、ラジオコントロール玩具、ロボット玩具、一般玩具などの主要事業は、親会社であるセガトイズが譲渡を受ける予定だ。

メーカー無くなっちゃってるのでパーツとかの取り寄せは無理そう。
プロポもないし受信機とかサーボ(回転してハンドルとかアクセルを動かす)とか
手に入らないかも・・・いきなり前途多難><

レジンナイフ

最近Youtubeのものづくり系の動画にはまってて自分も何か作ってみたいなーと思い、まずは簡単そうなレジンナイフに挑戦してみました。

で、完成品がこれ。

刃がレジンで柄は木製。
デザインセンスも技術もゼロからの挑戦なので今はこれが精いっぱい。

先人の方々は刃を研いで切れるようにしていますが、自分は形を作るところをゴールとしていたのでペーパーナイフ以下の切れ味(´・ω・`)

一応作る過程はコチラ↓


A4用紙にシャーペンでナイフのイメージを描く。
この刃の形状は「アメリカン・ボーイ」というらしい。

方眼紙でレジンの型をつくる。

切り抜いてマスキングテープで立体の型にする。

エポキシレジン(紫外線じゃなく時間で硬化するタイプ)
厨二っぽい色にしたくてとりあえずは青で着色。

方眼紙の型に流し込んで24時間放置して型から取り出したもの。

この工程の画像は1枚ですが、実際はトラブル続きで死ぬほど大変でした。

トラブル1:マスキングが甘く、型からレジンが大量に流れ出る。

無理やり粘土で蓋して漏れは止まるも机がべちゃべちゃに。
硬化前のレジンは簡単にはふき取れず、かつ乾くとめちゃめちゃくっつくのでいくつか道具を捨てることになった・・・。

トラブル2:方眼紙がレジンで硬化して全く剥がれない

1日かけて表面を削り落とすもレジンが傷だらけになってしまう。
これはもう大失敗だろ!ってくらい真っ白な状態に・・・。

で、気を取り直して柄作り。
クリアファイルを柄の形に切り抜くいて型を作る。

その方で木材に線を描いて

型どおりに切り抜いて

水性塗料で色を塗る。
これに刃の部分を差し込んだら完成。

最初、真っ白にしてしまった刃ですが、サンドペーパーを120→360→600→1000→2000とかけて、最後にコンパウンドで磨いて綺麗にしました。
本当に道具も知識も一切ない状態からのスタートだったのでめちゃくちゃ大変だった;;
アナログなものづくりはコード書くのと違ってCtrl+Zがないので(笑)失敗したときリカバリできる技術が本当に大事だと実感です。

さて次は何作ろうカシラ?(・ω・)

放置してたこのブログのメンテ

最後のエントリが2016年1月なのでなんと3年放置(・Д・)
Yuotubeで錆びた包丁研いだり不動の原付直したりする動画みてたら自分も何かしたくなって、ふと放置中のブログを思い出し下記を対応してみた。

 ・Wordpressのアップデート
 ・アプデによるエディタの変更を旧式に戻す
 ・ホームディレクトリ変更(「/wordpress」 → 「/」)
 ・サイトのSSL化対応
 ・右カラム修正(スマホでスタイルが崩れていたため)

このメンテ項目を1時間くらいで対応できて自分も大分仕事が早くなったなぁとしみじみ…
誰に見せるわけでもないけど普段Kibelaにメモ書きしてる内容で人の役に立ちそうなものがあったらこっちも落とせるといいかなーと。

あ、Wordpress用の良いMarkdownエディタ見つけて入れよっと。