放置してたこのブログのメンテ

最後のエントリが2016年1月なのでなんと3年放置(・Д・)
Yuotubeで錆びた包丁研いだり不動の原付直したりする動画みてたら自分も何かしたくなって、ふと放置中のブログを思い出し下記を対応してみた。

 ・Wordpressのアップデート
 ・アプデによるエディタの変更を旧式に戻す
 ・ホームディレクトリ変更(「/wordpress」 → 「/」)
 ・サイトのSSL化対応
 ・右カラム修正(スマホでスタイルが崩れていたため)

このメンテ項目を1時間くらいで対応できて自分も大分仕事が早くなったなぁとしみじみ…
誰に見せるわけでもないけど普段Kibelaにメモ書きしてる内容で人の役に立ちそうなものがあったらこっちも落とせるといいかなーと。

あ、Wordpress用の良いMarkdownエディタ見つけて入れよっと。

リンク先のスクリーンショットを表示できるプラグイン「BM Shots」

WordPress でリンク先サイトのキャプチャはこの方法にすれば幸せ〜w : actyway
actyさんのサイトを参考に、リンク先のスクリーンショットを表示する
プラグインを入れてみました!

配布元:binarymoon.co.uk

早速使ってみました
[browsershot url=”http://www.yahoo.co.jp/” width=”300″]

すごい簡単!!
スクリーンショット取って切ってアップする手間が減ること間違いなし!!

ただ、気になった点が二つあります

一つはスクリーンショットが取得できないサイトがあったこと。
幾つかのサイトでは取得中のまま画像が表示されないことがありました。

[browsershot url=”https://market.android.com/?hl=ja” width=”300″]
※AndroidMarket(https://market.android.com/?hl=ja)が表示されていない

すみません・・・時間が経ったらちゃんと表示されました
最初のリクエストからキャッシュ(?)されるまでに少し時間が掛かるんですね;

二つ目はこちら

このサービスが WordPress.com のオフィシャルなサービスでは
ないみたいでいつまでも継続される保証も無いみたいなんです(サイト引用

万が一サービスが終了したら、記事に使った個所を全部直さないといけない;;

とはいえ凄く便利な機能なのでどうやって使っていこうか考えてみようと思いました

 

WordPressのプラグイン楽しいよぅ~

記事中にプラグイン([SWF]~[/SWF]等)を実行させないで記述

文字参照を使えばよいそうです

[ = [
] = ]

例えば[PHP&#x5D ~記述部分~ [/PHP&#x5Dなら

[PHP&#x5D ~記述部分~ [/PHP&#x5D

になります

同じように &#x5B と表示したい場合は

&#x5B

ちょっとややこしいですが先頭の&を&に変えればOKってことですね

functions.phpの場所ってどこ?

[2014/12/6修正]
コメントでご指摘いただいいて確認(WordPress 4.0.1)したところ、下記の説明の場所に「テーマの編集」がなくなっていました

テーマにより違うかもしれませんが「TwentyEleven」の場合は

「外観」>「エディタ」

に移動されていました。

functionsphp

FTPでサーバーにアクセスできる場合は、通常以下の場所にありますのでエディタで直接書き換えてしまっても良いでしょう。

/wordpress/wp-content/themes/twentyeleven(←テーマ毎に違う)/functions.php
※ドキュメントルートにWordpressをインストールした場合
※修正したいテーマが「Twentyeleven」の場合


下記の情報は過去のものです。現在は仕様が変わったようです

どのサイトを見ても当然のように「function.phpを書き換える」と書いてあるものの
どこに「それ」が設置されているのか解らずに1時間以上悩みました><
きっと自分と同く悩む方もいるかもしれないのでメモしておきます。

外観>テーマ編集>テーマのための関数(function.php)

function.phpの場所

こんなところにいたのかぁっ!!

WordPressに紐付いているだと思い込んでいたら、テーマごとに
用意されていたんですね;
FTPでディレクトリを探し回ってしまいました・・・むむむ

これでまた少しWordPressをカスタマイズできるようになりました~

 

install.phpは削除するべきらしい

WordPressの学習本に「install.phpは削除」と書いてあったので、

本当に大丈夫か検索してみたところ、このようなエントリーを発見しました。

http://blog.yui-mura.com/archives/22

 

現在のバージョンでも同じ動作をするのかわかりませんが、実行すると強制的に

初期状態にもどってしまうというのはかなり恐ろしいですね・・・;;

WordPress設置後は特に必要無さそうなので、消してしまった方がよさそうです。